テクノロジー

英語の楽習

こんにちは。

今日は、英語の勉強について書いてみたいと思います。

私は実務翻訳のお仕事をしています。

もともと英語は好きでしたが、英語を話すのはからきしダメでした。

留学先でも、ネイティブの方たちが喋っている内容は聴き取れなかったですし、自分の言いたいことも言えないほどでした。

何故でしょうか?

たぶん、自分をカッコよく見せたかったし、下手な英語を話して恥をかくことがイヤだったからだと思います。

これではいけません。

ジャパネットタカタのタカタ社長は、饒舌なことで有名な方です。

タカタ社長によると、自分をカッコよく見せたいと思うのではなく、自分が伝えたいことに集中すれば、上手く話せるのだそうです。

まずは、ミスを恐れずにいま知っている言葉、単語だけを使って、自分が伝えたいことだけを伝える努力をしましょう。

最初は誰だって下手クソからのスタートです。

最初から上手い人なんかいません。

事実、私は留学したとき、始め英語学校で英語を勉強したのですが、

私たち日本人は文法など英語の知識は他の国学生たちよりも数段上にもかかわらず、話せない。

しかし、日本人以外の学生は、少ないボキャブラリーを駆使して、楽しそうにペチャクチャ話し続けます。特にスペイン人。

彼らは、英語が単にツールであるということをよく知っています。

ツールの使い方が下手でもnever mind!

私たちも見習いたいですね。