ライフ

【保存版】眼の中で行方不明になったコンタクトレンズの外し方

時代は平成から令和になりました。長い目でみれば平和でよい時代になりそうな予感。

良い時代になりそうねぇ~
そんな中、平成最後のドタバタ劇。
2019年4月26日(金)
GWの直前の金曜日、いつものようにスポーツジムでワークアウトを終え、お風呂タイム。
いつものようにメイクを落とす前にワンディのコンタクトレンズを外そうとしました。
手が滑ったのか、右側のコンタクトレンズが目の中のどこかに消えてしまいました。
しばらく目の中を探してみたのですが、見つからず。周りに落ちた形跡もなし。。。
閉館時間までもう時間がなかったので、ひとまずお風呂に入ってからゆっくり自宅で探そうということになり、お風呂に入りました。
以前にも何度かコンタクトレンズが目から消えあれこれしているうちになんとか救出できた経験があったので、今回も楽勝と思っていたんですよね。
帰宅後、アイボンで目を洗ったり、目薬(コンタクトレンズ装着時もさせるもの)さして首を左右に曲げてみたり、色々トライ。自宅で手鏡を左手に右手で瞼を四方八方に引っ張り捜索するものの、なかなか見つからず、眠くなったので、そのまま寝てしまいました。
この時もまぁ出てくるでしょ~。大丈夫、大丈夫と思っていたのです。

2019年4月27日(土)
翌朝、普通に目覚めたのですが、なんとなく違和感が。

思い出した!昨日コンタクトレンズを外し損ねて、そのまま寝てしまったんだ!

 

その日の夕方、友だちにコンタクトレンズがとれずに今日はメガネなのよと話したところ、
GW 中もやってる眼医者さんあるから、行ったほうがよいよと言われ、いつも行く眼医者さんのホームページチェックしたら、5/6まで、休診とのこと。
帰宅してから、再び(目の中で)行方不明のコンタクトレンズを救出しようと、アイボンで目をパチパチしたり、目薬(コンタクトレンズ装着時もさせるもの)さして首を左右に曲げてみたり色々トライ。でも、出てこない!

 

まずい!このまま、コンタクトレンズの居場所がわからずに私の目の中に居着くことになるのではと、だんだん焦りだしてきた。

baby-child-close-up-47090
2019年4月28日(日)
相変わらずコンタクトレンズは外れないまま。
何かの弾みで外れないかと期待するも、やっぱりダメ。

 

明日はゴルフのラウンド。
痛くはないけど、軽い違和感を感じたままラウンドかと思ったら少しブルーに。

 

最終手段。なんとか涙を流してみる。
悲しい話を思い出して、例えば病気で若くして亡くなってしまった友人のことなど、涙を出した。ベッドに横になって、顔の向きを変えたりしたら、ゴロッと何かの塊が目の中を目頭方向に移動した。
手鏡をみながら、その塊を指で優しくつまみ上げてみたら、2つに折れたコンタクトレンズだった。
やった~!偉いぞ私~!
2日ぶりに救出したコンタクトレンズは心なしかふやけているように見えました。mikhail-vasilyev-130018-unsplash【まとめ】
2日間もバトルしましたが、ベッド等に横になり、悲しいことを思い出すなど、とにかく涙を流す努力をし(涙が出ないときはコンタクトレンズ用の目薬を多めにさし)、寝返りを何度かうつ。
そうしているうちにコンタクトレンズが目の中を目頭に移動して出てくるという経験でした。
今回は、あくまでも、なんらかの理由で目医者さんに行けない場合の応急措置で、真似する場合は、自己責任でお願いします。

どうしても外れない場合の一番のおすすめは、目医者さんに行って診ていただくことだと思います。

今回は目を酷使したので、数日コンタクトではなく眼鏡を着用しています。